ホームパーティー

かわいいひな祭りスイーツ10選!ひなあられ・和菓子・桃の節句にぴったりのお菓子など、スイーツ大好き元秘書がおもてなしの心をこめてご紹介

春になるとお花見に先駆けてひな祭りがやってきますね。桃の節句とも呼ばれる日本の伝統行事。女の子のいるご家庭で3月3日の上巳(じょうし)の節句に子供の幸福や成長を祈りひな人形を飾る習わしです。現代ではホームパーティーを開いたり、ご家族で楽しめる季節のイベントの一つでもありますが、『広辞苑』によるとひな人形は古くは平安時代からあるそうですよ!そして今日のひな人形がつくられるようになり雛祭りに飾ったのは江戸時代中期以降なのだそう。歴史深い行事ですね。そんなひな祭りをより楽しく迎えるために、可愛いスイーツを準備してみませんか。ひなあられはもちろん、時代と共に進化しているスイーツもありますよ!

今回はスイーツ大好きな元秘書が職業病ともいえるおもてなし精神をこめてひな祭りにぴったりのスイーツ10選をご紹介します。

ライター/LiRi

美味しいもの、新しいものに目がないライターです。休日は情報収集したり温泉へ旅するゆるっと自然派。会社員時代は秘書として出張手配や会食、手土産の準備を多数経験してきました。気になることは何でも挑戦、ヨガインストラクター資格やアロマテラピー検定1級を取得。皆さまの特別な日が素敵な思い出であふれることを願って情報発信していきます。

ひな祭りのスイーツいろいろ♪伝統的な和菓子と洋菓子

image by PIXTA / 74175129

お雛様に飾るお菓子と言えば、菱餅(ひしもち)やひなあられ、金平糖(こんぺいとう)が思い浮かびますよね。カラフルで見ているだけでも楽しい和菓子ですが、洋菓子も負けてはいませんよ。

伝統にこだわることなく、とにかく楽しみたい!という方には春らしさを感じる洋菓子もおすすめです。

ひな祭りスイーツを選ぶポイント

ひな祭りは、ひしもちやひなあられをお供えする習わしがありますが、時代の変化と共にさまざまなスイーツが発売されいますよね。沢山ありすぎて迷ってしまいますが、お子さんの成長や健康を願うイベントなのでお子さんに食べさせたいお菓子を選ぶといいですね。

安心して美味しく食べられるかどうかもしっかりチェックしてくださいね。

その1.日持ちや保存方法で選ぶ

ホームパーティーなどその日のうちに消費してしまうスイーツであれば生菓子でも大丈夫ですが、お供え物や贈答用として購入する場合は、常温で日持ちがするかどうかもポイント。

保存方法もよく確認の上、食べるタイミングや用途にあったものを選びましょう。

その2.特別感のあるものを選ぶ

一年に一度の桃の節句なので、主役のお子さんが美味しく楽しく食べられるものがおすすめ。スイーツも星の数ほどありますが、縁起の良さそうなものやひな祭りらしい特別感のあるスイーツを選んでみましょう。

お雛様がデザインされたスイーツもおすすめです。

その3.見た目が綺麗なものや彩りで選ぶ

味がよくても、見た目が地味だとお子さんもがっかりしてしまうかもしれません。せっかくの桃の節句なので、カラフルなものや見栄えがする立派なものなど、目でも楽しめるものがいいですね。お子さんの大好物だったり、気分が上がるものを選ぶのも喜ばれるポイント。

和紙や千代紙の箱にはっているものなど、和を感じるものもおすすめ。

【厳選】カラフルでキュート!おすすめのひな祭りスイーツ10選

可愛いスイーツが沢山ありすぎるのできっと迷ってしまうと思いますが、せっかくの行事なので複数ポチってしまうのもアリだと思います!筆者も迷いに迷いましたが、和菓子から洋菓子まで幅広く10選を厳選いたしました。

次のページを読む
1 2 3
Share: