おうち時間向上インテリア・収納

快適なテレワークに必須なオフィスチェア10選!コスパ・疲れない・通気性・おしゃれなど選び方のポイントと共に座り仕事の多い筆者が紹介

テレワークが普及し自宅がオフィス化した方も多いですよね。しかし自宅では「こたつ机」・「ダイニングテーブル」・「子供の学習机」などを利用されている方も少なくはないのでは?床に座って…子供用の椅子で…だとカラダに合わず、さらに長時間の座り仕事は、「腰痛」・「肩こり」などの健康面や作業効率にも影響してきますよね。実際に筆者もじゅうたんの上に正座で仕事をしていたためカラダに不調が生じ、「疲れない」椅子選びの必要性を感じました。今回はテレワークが中心となる方向けに、快適でカラダに優しい「自宅で使うオフィスチェア」を、筆者が椅子選びをした時の経験からご紹介します。

ライター/OrangePine

北陸在住。スポーツが大好きで、健康に良いものをいろいろ試しています♪子育てもひと段落し、リラックスしながらゆったりとおうち時間を楽めるアイテムを日々探しています。

仕事の効率化アップには座りやすいオフィスチェア選びを!

image by PIXTA / 90190690

毎日の仕事には欠かせない「オフィスチェア」は、座り心地によって仕事の効率化にも影響します。

カラダに合った形やオシャレで機能性に優れたものを選ぶことで、毎日のテレワークも集中力が高まりより快適に行うことができるでしょう。

あなたのカラダに合ったオフィスチェアの選び方のポイントは?

「身長」「体型」などによっても座りやすい基準は変わってきます。また、カラダに不調が出にくいタイプを選ぶことも重要!

毎日使うものだからこそ自分好みの色や形、そして一番大事な「長時間でも疲れない!」オフィスチェアを選びたいですね。

その1.身長や体型に合った大きさは?

 身長175cmの方に最適なオフィスチェアの高さは「約43cm~45cm」。152cmの方なら「約37cm~39cm」と身長によっても選ぶ高さは変わってきます。座面を昇降できるタイプであれば、身長に合わせた高さに調整可能なので選ぶポイントの一つにすると良いでしょう。

チェアの形は細身の方には幅が大き過ぎないものを、ガッチリタイプの方にはクッション性の高いタイプがオススメ!

その2.「腰痛」・「肩こり」から守ってくれるのは?

長時間の座り仕事には付きものの「腰痛」ですが、固すぎず腰当てなどがついているタイプを選ぶと良いでしょう。

また、パソコン仕事はどうしても「肩こり」を引き起こしやすいので、背もたれが高い「ハイバック」型がオススメです。

その3.疲れず足のむくみなどもサポートしてくれるのは?

座りっぱなしだと足もむくみがちになります。適度に立って運動をすることが一番ですが、忙しくその時間が取れないこともありますよね。そんな時は「オットマン」付きで足が伸ばせるタイプがオススメです。

また、背もたれの角度を変えることができるタイプであれば、コーヒータイムの時などはリラックスした体勢にもなれます。

コスパが高い10,000円以内の快適オフィスチェア4選!

10,000円以内のお手頃価格でも、快適機能性に優れたオフィスチェアはたくさんあります。

中にはインテリアの一部としても使えるオシャレなタイプや、人間の脊髄を真似して作られたものも。コスパ重視の方にオススメの4つをご紹介。

#1 腰当て付きのメッシュ仕様「山善 オフィスチェア 」

座面に厚いウレタンを使用していて、腰当て付きなので腰痛持ちの方には優しいチェアです。

メッシュ素材で通気性も良く、季節を問わず活躍間違いなし!お手頃価格なのも嬉しいポイントですね。

IMAGE

[山善] オフィスチェア コンパクト メッシュ ハイバック 腰当てつき 腰痛 幅51.5×奥行59×高さ85-97cm 組立品 ブラック EHL-50(BK) 在宅勤務

¥5,004Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-06-14
次のページを読む
1 2 3
Share: