おうち時間向上グルメ

手軽で本格的なドリップバックコーヒー10選!選び方・淹れ方のコツもコーヒー中毒な夫を持つ筆者が紹介

珈琲を挽くのは手間だけど、香り高い珈琲を愉しみたいって思いますよね。そんな時に便利なのがドリップバックコーヒーです。
でも、どんな種類があるのかよくわからず、パッケージだけで選んだりしていませんか?もちろんパッケージも重要ですが、自分のコーヒーの好みを知ったうえでチョイスするのも大事!夫のために1日1回はドリップコーヒーを淹れる筆者がコーヒーの選び方とともに、オススメの10選を紹介します。

ライター/さびねこ

家でだらだらするのも好きだけど、お出かけも大好き! ショッピング、スポーツ、サイクリング、ツーリング、ピクニック、キャンプ、DIY・・・ 女子っぽいこともアクティブ系もなんでもやってみたいお年頃。 そんな神戸在住の多趣味女子(もう女子って年齢でもない)です。

ドリップバックコーヒーってどんな種類があるの?選び方のポイントは?

image by PIXTA / 6890092

コーヒーは産地や焙煎方法などいろんな種類があってなにを選んだらいいかわからないですよね。

濃さや苦みはお湯の量で調整してるという人もいるんじゃないでしょうか?せっかくなのでこの機会に、もう少し知識を深めてみましょう。

ポイント1.産地で選ぼう

コーヒーは赤道を挟んで南北緯25度の間の「コーヒーベルト」と呼ばれる地域で栽培されています。産地によって酸味や苦みが違ってくるので、自分好みを探してみましょう。

控えめな酸味と強い苦みが特徴の少しクセのあるアジア産。コーヒーの発祥の地としても知られる“エチオピア”が有名なアフリカ産は香り高くすっきりした酸味があります。生産量第一位を誇る“ブラジル”などの中南米産は酸味と苦みのバランスがいいため、まろやかなのが特徴です。

また、各々の産地の豆を割合を決めて配合したものを“ブレンドコーヒー”と呼び、豊かな風味を作り出します。

ポイント2.焙煎度合いを確認しよう

コーヒーは生豆のままでは味も香りもなく飲むことができません。加熱(炒る)することで独特の風味や味わいが生まれます。また、この加熱時間によって風味も変わってくるので、焙煎の過程が重要というわけです。

大きく分けると、浅煎り・中煎り・深煎りと分けられますが、浅煎りであるほど酸味が強く、深煎りになるほど苦みが強くなります。苦みが苦手な人は浅煎り、深煎りならミルクを入れてカフェオレにするのもありですね。

ポイント3.バックの形状・内容量をチェック

バックの形状は「ドリップ型」「浸水型」の2種類です。ドリップ型はペーパー部分がコーヒーに浸からないタイプで、ドリッパーに似ています。ハンドドリップのような感覚で淹れることができるので、少しでもこだわりたい方にオススメ。浸水型はカップにフィットさせるタイプなので、ドリップコーヒーに慣れていない初心者さんにオススメ。捨てる時にはポタポタと液体が滴るので注意が必要です。

また、バックによって、粉の量にも差があります。粉量は、基本的に8〜12gなので、濃いめのコーヒーが好きな人は粉が多めの商品を選びましょう。

ドリップバックコーヒーの入れ方!どうやって淹れるのが正解?

ドリッパーをカップに設置した後が重要です。少量のお湯(90℃前後)を粉全体に浸み込むように真ん中から外側へ向かって円を描くように注ぎ、20秒蒸らします

蒸らし終わったらお湯を3〜4回に分けて注ぎ、注ぎ終わったら1分ほどバックをコーヒーに浸して完成です。カップは一度熱いお湯を入れるなどして温めておいてくださいね。

いろんなメーカーのオススメ商品を見てみよう!ドリップバックコーヒー5選!

早速どんな商品があるのか見ていきましょう。珈琲の種類なども是非チェックしてみてくださいね。

#1 リピーターが多い「猿田彦珈琲 大吉ブレンドドリップバック」

グアテマラ産やボリビア産の豆を使用していて、雑味がなくまろやかな味わいが愉しめるコーヒーです。粉量は12gと多めなのでコクをしっかりと感じることができます。

キャラメルやチョコレートの風味を感じることのできるバランスのよいコーヒーです。大切な人へのギフトにももってこいですが、クセがないのでコーヒー初心者にもオススメ◎

IMAGE

大吉ブレンドドリップバッグ30枚

¥7,300Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-06-09
次のページを読む
1 2 3
Share: