おうち時間向上生活雑貨

おうちでも楽しめるハンモック10選!自立式・吊り下げ・チェアタイプなどインテリア好きな筆者が厳選!

「屋外だけでなく、自宅でもリゾート気分を味わいたい!」そんなアナタに、おうち時間と真摯に向き合う筆者が失敗しない“ハンモックの選び方”と“タイプ別のおすすめ10選”をご紹介します。「庭やベランダスペースを使って鳥のさえずりを聴きながら…」「窓際で窓を開けてそよ風を感じながら…」いろんなシーンを想像しながら選んでみましょう。

ライター/さびねこ

家でだらだらするのも好きだけど、お出かけも大好き! ショッピング、スポーツ、サイクリング、ツーリング、ピクニック、キャンプ、DIY・・・ 女子っぽいこともアクティブ系もなんでもやってみたいお年頃。 そんな神戸在住の多趣味女子(もう女子って年齢でもない)です。

ハンモックにはどんな種類がある?

image by PIXTA / 77201081

「ハンモックってただの布でしょ?種類なんてあるの?」って思いますよね。大きく分けると3種類あるんです。早速、どんな形があるのか見ていきましょう。

その1.どこにでも設置できる「自立式ハンモック」

組み立てたスタンドに引っ掛けて使うタイプです。場所を選ばずどこでも簡単に設置できるので室内での利用にもGood。ただ、スタンドを設置する分スペースの確保が必要になってきます。

身長が175cm以上の長身の方はスタンドのフレームが2m以上のものがオススメ。

その2 .一番ハンモックらしさを感じられる「吊り下げタイプ(非自立式)」

木や手すりなどに吊り下げて使うタイプ。恐らく皆さんが「ハンモックと言えば?」という質問に一番に想像するタイプでしょう。

スタンドがないため持ち運びには便利ですが、室内で使う場合はDIYなどが必要になってくるのでハードルは少し高め。

その3.座って過ごせる「チェアタイプ」

ソファのように腰を掛けることができるタイプ。テレビを見ながら、読書をしながら、子供をあやしながら、などいろんなシーンで使うことができます。天井などからぶら下げる場合はある程度の高さも必要。

室内で使うのか、室外で使うのか。いろいろなシーンに合わせて選んでみてください。

“生地”によって変わる快適さ!それぞれの特徴は?

image by PIXTA / 11067766

快適さ・触り心地は生地によって変わってきます。生地から選んでみるのもアリかもしれません。生地は大きくわけて3種類!どこで使うかによっても生地は選びますが、どのような感触を好むのかイメージして選んでみましょう

その1.耐久性に優れた「クロス」

縦・横に織られているので耐久性に優れています。数人で座りたい場合にオススメ。また、布地なのでカラーなどのバリエーションが豊富。

その2.通気性に優れた「メッシュ・ネットタイプ」

通気性がよいので、夏場には最適。伸縮性があり、体にフィットするのが特徴。ただ、網に引っかかったりすることがあるので注意が必要です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: